産後の抜け毛の原因

妊娠中や産後に頭皮のトラブルで悩む女性は多くいます。

特に、産後の抜け毛で悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか。

でも大丈夫。産後の抜け毛は自然な生理現象ですから。


産後に抜け毛が増えるのはなぜなのか?

それは、女性ホルモンの分泌バランスに原因があります。

ご存じのとおり、女性ホルモンは頭皮の抜け毛を予防してくれるありがたい働きがあります。


この女性ホルモンが、妊娠中には過剰に分泌されます。

女性ホルモンが大量に分泌されることによって、まず妊娠中の抜け毛が減ります。

妊娠中に抜け毛が減るというのがポイントで、本来寿命で抜けるはずの毛髪まで抜けずに残ったりします。


ただ、産後はホルモンバランスが元の状態に戻るので、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜け始めます。

本来抜けるはずの毛髪ですから心配することはないのですが、産後に突然抜け毛が増えるため悩む女性が大勢いるのが現実です。

とくに、出産が初めてだった女性にとっては未知の経験ですから、気になるのも仕方がないでしょう。


しかし、産後に抜け毛が増える現象は、通常6か月以内に収まるので心配することはありません。

逆に、過剰な心配をしてしまうと、かえってそれがストレスになり余計に抜け毛を増やしてしまう結果になるかも知れません。

産後はそういうもんだと思って気にしないのが一番です。

ドライヤーの使い過ぎは抜け毛を招く

ドライヤーの使い方で抜け毛予防とダメージヘア対策

ほとんどの人は髪を洗ったあとにすぐドライヤーを使うと思いますが、このドライヤーの使い方次第で髪の健康状態が違ってきます。

特に髪の毛は、水分を吸収しやすく保持しにくいというデリケートな性格の持ち主です。

髪に良いドライヤーのあて方を意識して、抜け毛予防ダメージヘア対策に役立てましょう。


注意点1:髪は熱に弱い

髪を急いで乾かそうとするために、高熱の熱風を至近距離から髪にあてる人がいますが、これはかなり毛髪を傷めてしまいます。

髪の毛はもともと熱には弱い性質をもっているので、ドライヤーの温度は低めに設定してください。

さらに、至近距離からではなく、風力を強くして遠目から風をあてるようにした方が良いです。

注意点2:髪の乾かし過ぎに注意

髪の毛は、性質上水分を失いやすい構造になっています。

水分を失った髪の毛は、抜け毛だけでなく、枝毛や切れ毛などのダメージヘアの原因にもなります。

そのため、ドライヤーをあてすぎて髪を乾燥させすぎないように気をつけましょう。

理想的な髪の水分含有量は、12〜15%程度と言われています。

髪を手で触ったときに、まだ乾ききっていないなというところでドライヤーを止めましょう。

女性にも男性ホルモンはある

男性の抜け毛薄毛の原因として最も一般的なのが、男性ホルモンによる脱毛症です。

よく体毛は濃いのに髪の毛は薄い人っていますよね。

そういう人は、典型的な男性ホルモン型の脱毛症です。


男性ホルモンは髪の成長を阻害してしまうので、細くてやわらかい髪の毛になってしまい、やがて抜け毛や薄毛の症状があらわれ始めます。

男性ホルモンと聞くと、名前からして男性にしか関係がなさそうな気がしますが、実は女性の体内にも男性ホルモンはあるんです。

女性の場合、通常であれば女性ホルモンの方が優位に働くので抜け毛薄毛にはなりにくいのですが、なんらかの原因で女性ホルモンの分泌が乱れたりすると、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまいます。

すると、女性なのに男性ホルモンが原因の抜け毛や薄毛に悩まされることになってしまうんです。

シャンプーのしすぎが抜け毛の原因になる?

頭皮を清潔に保つのにシャンプーは不可欠ですが、シャンプーをしすぎるとかえって抜け毛が増えたりハゲの原因になると考えている人もいるみたいですね。

実は、それはある部分に関しては正しいと思います。

間違った方法で髪をシャンプーしすぎれば、かえって抜け毛薄毛の原因になるでしょう。



まずシャンプーの回数ですが、基本的には一日一回で十分ですし、多くても一日二回のシャンプーで大丈夫だと思います。

若い人は頭皮の皮脂の分泌が盛んなので、朝と夜の二回シャンプーをしても良いでしょうね。


ただし、髪をシャンプーをする際のの注意点は、必要以上に洗いすぎないということです。

頭皮の汚れをしっかり落とそうと意識過剰になる結果、念入りに頭をシャンプーしすぎる人がたくさんいます。

シャンプーは、一回当たり2分以内を目安にしてください。

それ以上長い時間シャンプーをすると、かえって頭皮を傷つける結果になり、それが抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。


頭皮の汚れが気になる場合は、1分ずつ2度洗いをすることをおすすめします。

その場合、2回目のシャンプーは一回目よりも少量で大丈夫です。

また、シャンプーの後はしっかりと洗い流してください。

コンディショナーやトリートメントを使った後も同様です。

頭皮にシャンプーやコンディショナーなどが残ったままだと、頭皮を傷めてしまいますのでお気を付けください。

たばこは抜け毛の原因になるので喫煙者は要注意

たばこは身体にとって「百害あって一利なし」といわれるくらいに、毒物を多く含んだ品です。

そのたばこは、身体だけでなくあなたの毛髪にとっても大きなダメージを与える原因となります。


たばこに含まれているニコチンは、血管を収縮させる働きがあるので、頭皮への血流不足を招きます。

その結果、頭皮に十分な栄養も行き届かなくなり、抜け毛を増やしハゲを促進してしまいます。


ただし、長年たばこを喫煙している愛煙家の中には、たばこを止めたとたんに抜け毛が増えるという症例もあります。

おそらくこれは、好きなたばこを我慢したことによるストレスが、抜け毛の原因になっていると考えられます。


しかし、たばこは老化を促進させる活性酸素の発生やビタミンCの破壊など、身体にとって何一つ良いことがないのも事実です。

なので、抜け毛対策だけでなく身体のためにも、無理なくたばこを止める努力をした方が良いでしょう。

ストレスは抜け毛や薄毛の原因になりやすい

ストレスというのは、抜け毛薄毛に限らずすべての病気の原因になりえます。

特に現代人は、老若男女を問わず会社や家庭・学校などで常にストレスにさらされた生活を送りがちです。


ストレスによって体内のホルモンバランスが乱れ血流が悪くなり、髪の毛根に必要な栄養素が回りにくくなるため、それが抜け毛や薄毛の原因になるんです。

ストレスが原因となっている抜け毛や薄毛は、育毛剤などによって抑えることが困難なため、髪や頭皮にとって非常にやっかいな問題です。


常にストレスを感じ続けるような生活を送っていては、どんなに高価な育毛シャンプーや育毛剤を使ったところで効果はありません。

まずは、できるだけストレスを感じずに生活できるように、気持ちの持ち方や生活習慣を工夫してみてください。

それに加え、頭皮の毛根に必要な栄養を送るために、マッサージなどで血行を良くするようにしてください。


もう一度念を押しますが、ストレスはそれだけで抜け毛・薄毛の原因となります。

そしてそれは、大人も子供も、女も男も関係ありません。

男性ホルモンが原因の薄毛と抜け毛

男性の薄毛抜け毛の原因としてもっとも一般的なのが、男性ホルモン型脱毛症です。

男性ホルモンは、ひげや胸毛などの体毛はどんどん成長をさせるけど、なぜか髪の毛は成長させてくれない。

女性よりも男性の方が、はげや薄毛の人が多いのもそのためです。


でもなんで、同じ毛なのに髪の毛だけをどんどん薄くしちゃうんでしょうね。

不思議ですけど、男性ホルモンはそういうものなんだとあきらめるしかないですよね。

でも、薄毛や抜け毛はあきらめられない。ハゲになんかなりたくない!

そうですよね。


では、どうすれば男性ホルモンが原因の抜け毛・薄毛を防げるか?

その前に、自分の薄毛・抜け毛が本当に男性ホルモンが原因になっているのかを調べる方法はないのでしょうか。


基本的に、男性ホルモン型の抜け毛・薄毛は30代から症状があらわれはじめると言われています。

市販されている育毛剤も、通常その年代の男性に向けて発売されていますね。

そして男性ホルモン型の薄毛は、主に頭頂部と額の生え際から起こるとされています。

だんだんおでこが広くなってきたり、頭のてっぺんの髪が薄くなってきたら、男性ホルモンが原因の可能性が高いようです。

とはいえ、正確に自分の抜け毛・薄毛の原因を調べるには専門のクリニックで看てもらうのが一番だと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。